筋肉トレーニングで脳を活性化

筋肉トレーニングを行って脳を活性化する

筋肉トレーニング,脳

 

1日20分の筋トレを行うと、記憶力が10%程上がります。記憶力をアップさせるだけであれば、筋トレを継続させて習慣化する事が必要なので週3回を1日10分くらいを目安に行うと良いです。毎日出来るような習慣が身に付いたら、それから本格的な筋トレを行うよう鍛えていっても良いしそのまま軽めの筋トレを続けても良いです。

 

筋トレを行うと命令を出す脳や神経も同時にトレーニングされるので、パフォーマンスが上がるのは筋肉が成長する事もあるが鍛えられた脳や神経のスムーズな伝達も大切です。鍛えらられる記憶力は、エピソード記憶です。

 

エピソード記憶とは、個人的な出来事や経験の記憶で時間と空間に関連付けられます。エピソード記憶は年齢が高くなると衰えやすいので、日常生活で筋トレを入れて鍛えるようにします。日常生活で取り入れる事の出来るくらいの筋トレで、効果は十分です。

 

筋トレを行うと、脳内の神経伝達物質のノルエピネフリンが分泌されやすくなります。ノルエピネフリンが出ると脳内神経のネットワークがスムーズに作られていき、記憶が定着していきます。覚醒や集中や意欲や記憶等に加えて、思考の柔軟性にも関わってきます。

 

このため、筋トレには認知症の予防効果もあります。

筋力トレーニングで内臓脂肪をやっつけよう

筋肉トレーニング,脳

 

「内臓脂肪」とは、臓器の表面や、血管の内側にこびりついた脂肪のことをいいます。特に、胃のまわりや、小腸のまわりに、また、肝臓のまわりにこびりつくと、問題が起こります。 肝臓のまわりについた脂肪は、脂肪肝と呼ばれ、よく「酒好きの人がなる病気だから縁がないわ」という女性でも、お酒の飲みすぎのみならず、甘いものの食べ過ぎ、多剤服用などから起こるものです。

 

 小腸のまわりに脂肪がついていたら、血管の中にも脂肪がついていることがほとんどだそうです。この場合、血管が狭くなり、動脈硬化が起こっているといわれています。その時点で血液検査をすると、高血圧、高コレステロール、高血糖の状態になっており、動脈硬化の状態が始まっていることがわかります。それを放置したままでいると、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、狭心症を起こすリスクが高まります。もちろん命を落とす危険もありますし、助かったとしても寝たきりになってしまったり、手足にマヒが残ったり、言語障害になってしまったり、とつらいことになります。

 

 そうなってしまったら、「もう遅い」と投げやりにならず、まず生活を見直しましょう。基本的に、お酒と甘いものはやめ、「どうしても」の時だけ飲んだり食べたりしましょう。たとえば、お正月と誕生日(ご家族も含む)だけにしぼるなど、工夫をしてください。

 

 それから、有酸素運動をしましょう。ウォーキングも悪くないのですが、近所をぐるぐる回っているだけでは、やがて飽きてしまいます。ぜひマシンによる筋力トレーニングにチャレンジしてみましょう。筋肉は、脂肪や糖を積極的に燃やしてくれます。その筋肉をゆっくり全身につけていくことで、全身にひろがってしまった血液の中の脂肪を落としていくのです。また、内臓脂肪にも筋力トレーニングは有効です。胃のまわり、肝臓のまわりについた脂肪も徐々に燃やしていくことができるのです。肝硬変になるかもしれなかった肝臓も、健康にもどってくれますし、胃のまわりの脂肪が落ちれば、背筋が伸びてスタイルよく見えるようになります。

 

 年を重ねると、体重そのものはあまり落ちないかもしれません。しかし、筋肉が増えて脂肪の減った体に変えていくことはできます。血の流れもいままでよりよくなるので、冷えを感じたりしなくなるでしょう。筋力トレーニングで、内臓脂肪をやっつけてしまいましょう。

首の筋肉を筋肉トレーニングする

筋肉トレーニング,脳

 

首の筋肉を鍛えるメリットは、頭に衝撃が加わった時に脳への衝撃を吸収するので大切な脳を守れるようになります。特に格闘技やラグビー等のスポーツを行う人は、首の筋肉を強化すると良いです。首には脊髄を通って脳から繋がる神経が多くあり、首に衝撃が加わると神経に負担がかかってしまいます。

 

筋トレで強化する事で、身体のバランスや運動機能等を常に安定させる事が出来ます。呼吸器系にもインパクトを与えるので、呼吸の質を向上に繋がります。首を縦に走り頚椎から肋骨に繋がる長い筋肉である前斜角筋や中斜角筋や後斜角筋は、呼吸に関する呼吸筋と言われています。

 

首を縦に走行している太い胸鎖乳突筋や広頚筋は呼吸器系をサポートしています。激しい運動を行う時は、多くの呼吸が必要な時に筋肉がしっかりと働いてる事が大切です。首を鍛えるなら複数の筋肉を鍛えていくコンパウンドで鍛えると、筋肉を増強出来て脂肪を減らしてホルモンの分泌を促してくれます。

 

鍛え方はネックフレクションで、斜角筋と頸長筋と頭長筋と舌骨下筋等が鍛えられます。トレーニングパートナーがいる人は、プレートやダンベルを額に乗せる代わりに額を手で押さえてもらっても良いです。レジスタンスバンド等を固定して、額に巻き付けて行う方法もあります。

鉄筋シャツ(TEKKINシャツ)の通販購入はこちら!トップページへ細マッチョボディになりたい方、激しい運動をしないでも筋肉をつけたい方はトップページで鉄筋シャツ(TEKKINシャツ)の詳細を確認してみてください。